アイラモルトのキングといえばラガブーリン、その8年ものをテイスティング。

新年も何もなく、深夜までお仕事です。昨日は仕事帰りに、おなじみのカクテルワークス神保町店に寄り道しました。

とりあえずの一杯は、珍しく「苺のジントニック」。どう?かわいいでしょ。ミクソロジーカクテルの店だもん、ドリンクもたまには分かりやすくオシャレしなきゃ、ね。
夜も遅かったので、そそくさと締めを。こちらにしました。

ラガブーリン8y 200周年記念ボトル(ディアジオ)

  • 香り…ラガブーリン16yの香りを、うんと飛ばしてライトにしたよう。フレッシュなスモーク感に、ヨードっぽさ。ほのかに麦芽。
  • 味…16yの重厚になる前の、薄皮を剥いだような若々しさ。アタックも16yの3分の1ほど。滑らかなテクスチャー。溶剤っぽさのなかに、シェリーかバーボンか樽由来を思わせる甘みが連なる。後口はドライでスモーキー。ストレートで。
  • 総評…若さのなかに顔を覗かせるエッジーな個性。「若い=軽い」という単純な図式に収まらない実力。
  • 次に飲むのは?…素直にラガブーリン16y。若くハツラツとした、この8yの素晴らしさを再認識できるから。

ラガブーリン8y

 

ラガブーリンは、1816年の創業から2016年で200年=センテナリーを迎えました。それを記念してリリースされた8年ものだそうです。どっしりとしたボディに、あのヨード香がどうも…という向きにも勧めたい。それくらい飲みやすかった。

そうだ、アイラ初心者の20代にこそ飲んでほしいな。感想を聞きたい。ちなみにショットで1,300円。小遣いレベルで飲めるコスパもまずまずです。