「下山の時代」を明るく逞しく生きる道とは?

ブログを始めて半年になります。始める前まで発信することは、「発信する価値のある人」がすることだと思っていました。取り立てて何かを広めようともアピールしようとも考えず。仕事で情報誌を作っているし、その必要性を感じなかったんですね。

でも、自分で「何かしたい」というとき、その告知手段のひとつしてブログがあることに気づかされました。ぼくの場合、そのためにブログを始めたといっても過言ではありません。

「そのため」とは、共創していきたいと考えて声をかけた神山典士さん。文春砲が話題になる前に佐村河内事件をスクープし、大宅賞を獲得したノンフィクション作家です。駆け出しのころにぼくが在籍していた編集プロダクションの先輩という誼(よしみ)で、いくつか取材コーディネートさせてもらったこともありました。

というわけで、その神山さんが新著『成功する里山ビジネス~ダウンシフトという選択』(角川新書)を上梓するにあたり、記念の勉強会を開催することになりました。

会場のオーガニックバー「たまにはTSUKIでも眺めましょ」マスターで『減速して自由に生きる ダウンシフターズ』(ちくま文庫)著者、高坂勝さんと神山さんがダブルトークを展開します。

  • パラレルキャリア
  • 地方移住
  • 複業
  • 多様性
  • 地域活性
  • 地域経済
  • リモートワーク

といったタグにピンときた方は、ご来場ください。一緒に知恵を出し合って、楽しく生きる道を探しましょう。