アイラ謎の「泥炭の獣」は、優しかった。

「ピーツビースト」、すごいネーミングですね。そして樽の怪人のようなアナーキーなイラストの描かれたラベルデザイン。アナログレコード時代、CD時代は「ジャケ買い」をわりとしてましたけど、この謎のボトラーズシングルモルトも、ジャケ買いならぬジャケ飲みしたくなる衝動に駆られました。

ピーツビーストカスクストレングス 52.1%

  • 香り…ミント、薪木と焚火。後半で甘さ。昔ながらのカスタードプディング
  • 味…ライトボディ。一味唐辛子。中盤で石油ストーブに当たっているような温かみとともに、突然シュガーバターに。
  • 総評…前半は爽やか、後半でストーブに当たるような温かみが。キャンプに持ち込んで、火にあたりながら飲みたい。
  • 次に飲むのは?…イメージが近いロングロウ。

@カドヤ黒門町スタンド

ピーツビースト カスクストレングス

ピーツビースト カスクストレングス

ラベルの感じといい、「ピーツビースト=泥炭の獣」なんて大げさなネーミングといい、その割に温かみのある香りと味わい。第一印象はとんがっていながらも、徐々に優しい素顔をのぞかせます。気に入りました。

UKの公式サイトによると、ラベルの独創的な獣を描いた手がけたのは、ダグ・アルブスさんというブラジル生まれのアーティスト。

MTV、UNICEF、HONDA、Microsoftといった大手国際ブランドのキャンペーンを手がけたそうです。よーく見ると、ラベルの端が焦げてます。もちろんこれもラベルの一部で、こういうアソビは好きですよ。

このピーツビースト、中身はアイラモルトだそうですが、ぼくは「うんと優しくしたロングロウ」のイメージでした。他に何かバリエーションがあれば試してみたいです。