フェッターケアン。特徴的な香りをまとったハイランドモルトにやられる。

前頁に続いての2杯目です。新入荷という5本のうち、どれにしようか迷ったけど、価格の比較的安いのから選びました。お高いのはちょっと、ね。

フェッターケアン フィオール(ホワイトマッカイ社)

  • 香り…サルファリー&フェインティ。なめし皮。奥にピート。コーヒー豆、ワックス、魚の干物、干草。加水してさらに硫黄。シェリー香も。
  • 味…粘性がある。強烈な匂いとは裏腹に、飲みやすい。後口は一瞬ナッツ。カカオ強めのチョコレート。黒蜜。加水後はボディが軽くなり、オリーブ、マッシュルーム。
  • 総評…個性的、多面的ながら、素顔はジェントル。モヒカンへそピなのに、話したら意外に真面目な人だった。そんな感じ。
  • 次に飲むのは?…ラフロイグ10y。生一本なところに立ち返りたい。

@カドヤ黒門町スタンド

フェッターケアン フィオール カドヤ黒門町スタンド

 

ブレンデッドスコッチ、ホワイト&マッカイのキーモルトだそうです。東ハイランドとは思えない、とんがったルックス。かと思いきや中身はノーブルで、そのギャップに萌えてしまいました。