盛岡の旅(3)モルトバー「スコッチハウス」。オールドボトルの数々に、畏れおののく。

スコッチハウス 盛岡

「ビアパブ ベアレン」の次は、「スコッチハウス」というモルトバーに。盛岡駅から徒歩20分ほどの盛岡城跡公園近く、下ノ橋町にあるバーです。

“盛岡の旅(3)モルトバー「スコッチハウス」。オールドボトルの数々に、畏れおののく。” の続きを読む

盛岡の旅(1)いきなり新幹線に乗り遅れたら、シングルモルトが付いてきた。

ミニチュアボトルをリカーズハセガワ本店で購入

新幹線で盛岡に移動中です。いやはや習慣とは恐ろしい。盛岡に行くにあたり、東北新幹線のチケットを自宅から近い「上野駅」から押さえていたのですが……。乗り遅れてしまいました。

“盛岡の旅(1)いきなり新幹線に乗り遅れたら、シングルモルトが付いてきた。” の続きを読む

『ネットは基本、クソメディア』、自分が書いたことに責任を持てるかを問う、ブロガー必読の書。

「ネットは基本、クソメディア」読了

ネットニュース編集者で多数の著書を出す中川淳一郎さん、ぜひともお会いしたい方リストの一人です。その中川淳一郎さんの新著『ネットは基本、クソメディア』(角川新書)を読み終えました。DeNA運営のキュレーションサイト「WELQ」がどうして閉鎖に至ったか。著書ではその問題の根っこと、コンテンツ粗製乱造の背景を深堀りし、ネットメディアだけでなく、新聞・出版・テレビといった既存のマスメディアの問題点にも踏み込んでいます。

“『ネットは基本、クソメディア』、自分が書いたことに責任を持てるかを問う、ブロガー必読の書。” の続きを読む

シングルモルト余市のリミテッド。そのチャレンジにうなる。

シングルモルト余市 モスカテルウッドフィニッシュ

アムルットの後の2杯目。今度はジャパニーズです。余市は年数ものが終売となって久しいですが、その申し訳なさから来るアソビでしょうか。ニッカウヰスキー、こんな樽をスタンバイしてたんですね。

“シングルモルト余市のリミテッド。そのチャレンジにうなる。” の続きを読む

アムルット。 インド産シングルモルトの恐るべき実力を垣間見る。

アムルット ピーテッドカスクストレングス シングルモルト

気になっていたアムルット、ようやく飲むことができました。こちらMADE IN INDIAなんです。そういえばAMRUTという名の響きから、なんとなく連想できます。で、ひとくち。いやはや美味しい。本場スペイサイドの実力派にも決して引けを取らないです。

“アムルット。 インド産シングルモルトの恐るべき実力を垣間見る。” の続きを読む

丸の内イセタンサローネ メンズで飲める、濃厚ホットチョコレート。

ISETAN SALONE MEN'S

外で売っているやや高めのホットチョコレートといえば、GODIVAの「ショコリキサー」が真っ先に思い浮かびます。ショコリキサー、美味しいんですけど、めちゃ甘なんですよね。もっと大人っぽくて、甘党も満足のチョコレートドリンクないかなぁと漠然と思っていたら……。ありました。イセタンサローネ メンズ丸の内に入っているジャン・ポール・エヴァンのチョコレートバーで売っているドリンクです。

“丸の内イセタンサローネ メンズで飲める、濃厚ホットチョコレート。” の続きを読む

花總まりさんについて思うこと。再演『レディ・ベス』2度目の観劇で。

帝劇「レディ・ベス」2017年再演

帝国劇場で上演中の『レディ・ベス』、11月12日(日)マチネの会を観ました。あっさり白旗の前言撤回。本当に本当に、今回は素晴らしかったです。 けれども今日は花總まりというスターについて、ほんの少しだけ触れたい。

“花總まりさんについて思うこと。再演『レディ・ベス』2度目の観劇で。” の続きを読む

新聞コラムは今を知る絶好のネタ帳。

新聞コラム

新聞が読まれない(といわれる)時代に、あえて言いますと。どんなに多忙な人でも、そこさえ読んでれば手っ取り早く世相を知ることができるもの。それが新聞朝刊の1面コラムです。朝日新聞の「天声人語」、読売新聞の「編集手帳」、日本経済新聞の「春秋」、毎日新聞の「余録」、産経新聞の「産経抄」、東京新聞の「筆洗」などですね。

“新聞コラムは今を知る絶好のネタ帳。” の続きを読む