映画『ダンケルク』鑑賞。戦争映画だけど人間を肯定したノーラン監督。

丸の内ピカデリー「ダンケルク」

9月半ば、有楽町マリオンの丸の内ピカデリー1で久しぶりに映画を観ました。クリストファー・ノーラン監督『ダンケルク』です。ぼくは非常によかったのですが、ネットの評判はそうでもないようですね。

“映画『ダンケルク』鑑賞。戦争映画だけど人間を肯定したノーラン監督。” の続きを読む

古本店からベイクショップまで。谷中「キッテ通り」は歩くのが楽しい穴場ストリート。

谷中キッテ通り

世間は3連休ですが、安定の休日出勤です。連休中日の8日だけは休みを確保し、千代田区外神田から台東区谷中まで徒歩でぶらぶらしてみました。千代田区のアートスペース、アーツ千代田3331に用があったのと、5年前まで住んでいた文京区根津の近況を見たかったのと……。

“古本店からベイクショップまで。谷中「キッテ通り」は歩くのが楽しい穴場ストリート。” の続きを読む

唐組公演『動物園が消える日』。可笑しみと哀しみの両方が展開する前衛劇でした。

唐組 動物園が消える日

「芝居」か「舞台」か。演劇の呼び方って一つでないですが、唐組の作品はそのどちらともいえます。英語でいえば舞台は「ステージ」だけど、芝居は「プレイ」なんですよね。唐組の作品はまぎれもなく後者の「芝居」なんだけど、公演を行う紅テントという小屋自体が「舞台」であり「装置」でもある。これら全部含めたうえでの「芝居」という、日本でも稀有な劇団です。初日公演を観てきました。

“唐組公演『動物園が消える日』。可笑しみと哀しみの両方が展開する前衛劇でした。” の続きを読む

アイリーク。アイラの正体不明は、アイラの入門向けでもある。

アイリーク

久しぶりにアイラのボトラーズ、久しぶりのアイリークです。いやぁ美味しいし、飲みやすさ抜群。ウイスキーの濃厚さや煙ったいのが苦手な方がイケる、シングルモルトの一つではないでしょうか。

“アイリーク。アイラの正体不明は、アイラの入門向けでもある。” の続きを読む

作業用BGMに「落語」がおすすめ。

ウォークマンに落語

「2つ以上の何かを同時にやる」のが苦手です。若い時分はビールを飲みながら校了紙をチェックする編集者をかっこいいなと眺めていたこともあったけど、真似しようとは思わなかったです。そんな器用なこと、できないのが分かっていましたから。アルコールを飲むか、チェックに集中するか。そのどちらか一方でないと無理ですね。

“作業用BGMに「落語」がおすすめ。” の続きを読む

『人間風車』14年ぶりの再演。怖さよりも、人の愚かさが悲しい鑑賞感。

「人間風車」東京芸術劇場

売れない童話作家が創った童話に、周囲の人間が恐怖のどん底に突き落とされるホラー。後藤ひろひとの快作(怪作?)芝居『人間風車』を観てきました。

コントチックな脱力系の笑いが続く前半、かと思いきや突如、阿鼻叫喚の地獄へと切り替わる後半は心臓をわしづかみに。東京芸術劇場プレイハウスで2017年10月9日まで、その後全国公演を展開。今回の3度目の再演をネタばれなし(難しい!)で振り返ります。

“『人間風車』14年ぶりの再演。怖さよりも、人の愚かさが悲しい鑑賞感。” の続きを読む

一之輔さんが談志ものまね。春風亭一之輔、桃月庵白酒、柳家三三の三人会での話。

一之輔、三三、白酒三人会

いやぁびっくりした、いいもん見せてもらいました。何が? 一之輔さんが枕で立川談志のものまねをしたんですよ。しかもめちゃくちゃ似てるし。初めて見ました。東京・虎ノ門のJTホールで行われた「J亭落語会」での一コマです。

“一之輔さんが談志ものまね。春風亭一之輔、桃月庵白酒、柳家三三の三人会での話。” の続きを読む