「入梅いわし」をオリーブオイルで楽しむ。

入梅イワシとオリーブオイル

イワシ、サンマなどの大衆魚が大好きでして。
だいたい6月から近所のスーパー、吉池の店頭に並ぶのが「入梅いわし」です。

刺身に寿司、梅干し煮や蒲焼と、どんな食べ方でもうまい!
さらに今年に入ってから調理しているのが、「オリーブオイルがけ」的なものです。
オイルサーディン好きなら、間違いなくこれにもハマることでしょう。
作り方は超簡単。

  1. イワシ3尾〜5尾を洗って、塩を振る
  2. グリルやフライパンなどで焼く(火力は中で20分くらい)
  3. 皿に並べてオリーブオイル適量をかけて出来上がり

お好みでジャガイモやアスパラガス、ブロッコリなどの野菜を蒸して添えてください。
手間をかけずに、旬のいわしの良さを満喫できます。

いわしは1年中出回っていて、なかでも6月〜7月に獲れる「入梅いわし」は脂が乗っていて、ボディもふっくら。
魚偏に弱い=「鰯」と漢字で書くいわしですが、血液サラサラ効果のEPAや脳を活性化させるDHAなどが豊富で、むしろ人を強くする魚です。
おまけに4尾400円(5尾400円のときも)と、とにかく安価でありがたい。

今年はいわしをオリーブオイルで食しつつ、梅雨のジメジメをやり過ごします。

この記事を書いた人

hiroki「酒と共感の日々」

hiroki

Webの中の人|ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート|SMWS会員|訪問したBAR国内外合わせて200軒超|会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年)|ひとり歩き|健全な酒活|ブログは不定期更新2,000記事超(2022年11月現在)|ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性