早慶レガッタを応援。

第90回早慶レガッタ(2021年)

毎週土曜か日曜日にジョギングするのが定着し、隅田川の上流と下流をテキトーに行き来してます。
そのジョギング中、第91回早慶競漕大会(早慶レガッタ)のレースに遭遇しました。

早慶レガッタは当日正午分開始の女子舵手付きクォドルプル、12時45分で開始の第二エイト、14時30分開始の「対校エイト」ほか多数のレースが行われます。

メインレースは選抜9人による「対校エイト」。
現在は隅田川の新大橋から桜橋までの距離3,75キロメートルで行われています。

ぼくはジョギングの足を止めて、今年は隅田川テラスの両国橋と蔵前橋の間で見ていました。
間近で見ると何がすごいって、とにかく速い。
映像で見てみると、両艇とも時速20キロくらいを維持していて、こちらが感興に浸る間もなく去っていきます。

にしても、OBでもないのに、早慶レガッタって魅かれるものがあります。
野球やサッカーのような集団スポーツの競技の面白さとも違う。

それは、一糸乱れない漕手の力強さと美しさ、渾身の力を込めた勝負、何よりもこの一瞬にかける学生さんの懸命な姿に心打たれるから、なんだろうな。

アイキャッチ画像は昨年の模様から(すみだリバーウォーク付近で)。

この記事を書いた人

hiroki「酒と共感の日々」

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログはほぼ毎日更新1,700記事超(2021年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性