最低1足、レインシューズを持っておく。

レインシューズ

梅雨、夕立、秋の長雨なんて言いますね。
日本の気候は雨と切っても切り離せませんけど、この雨は大の苦手なんですよね。

こんにちは、hirokiです。
今日は雨の日の、雨の降りそうな日の必需品レインシューズについて少し。

雨の日に欠かせないものは傘と、個人的にはもうひとつ。
雨の日用の靴です。

雨の日用の靴は、最初からそういう加工にしてある靴です。
革靴に防水スプレーしたとか、使い古しの靴とかじゃないですよ。

雨の日は履ける靴が限られます。
そうすると、履いていく靴からその日のコーディネートを考えることになり、つまりは雨の日のほうが着ていく服が早く決まるんですよね。

ちなみにぼくが雨天で履いている靴の一つが、レインマン(RAINMAN)とジョージコックス(GEORGE COX)のコラボ「GIBSON」です。

雨の日しか履かないので、長持ちもいいとこ。かなり気に入ってます。

今は雨天どころか、天気の良し悪しにかかわらず大手を振って外出しづらい状態ですが。
であれば、揃えておくにはいい機会といえますよね、レインシューズに限らず。

当たり前に街歩き、遠出ができる日の再来に備えて。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性