ブログ筋力は「書き続ける」ことでしか維持できない。

夜が正常化したというのに、10月に入ってから毎日気分が重いんです。
いや、酒場は全く無関係。
極めて個人的な問題だし、気分が重い理由は明らかなので改善あるのみです。

で、例によって、このブログも更新が滞り気味なのは、気分のせいだけじゃない。
以下は単なる言い訳なので、戻るボタン推奨です。

たまにやってくるブログの「倦怠期」ですが、今回の原因は上で述べた

  1. 虚無感(=鬱ではない、あっはっは)
  2. 飲みすぎ
  3. 筋力の低下

であると自己分析しています。
「筋力の低下」についてだけ簡単に。

ここでいう筋力とは、ブログ筋力のことです。
ブログの場合、筋力=書く力ですね。
これが衰えると、どんどん更新できなくなります。

筋力が衰えると、更新するのが億劫になる。
毎日更新から3日に1回、1週間に1回と落ちていき、トピックスの発生ベースだけとなる。
やがてトピックスですらどうでもよくなり、ネタを探さなくなり、更新がストップし、ドメインが安楽死していく。

いや、ペースを落としただけだから良いだろうと自己弁護したくなるときもあります。
けれど、その瞬間からズルズルと滑落していくだけなのです。
「ペースを落としたからいいや」と脳裏を掠めた瞬間、甘えやスキが生まれる。
続ける、ルーティン化する、凡時徹底するって、意外に難しいのです。

いま自分のブログを例にしていますけど、あらゆることにおいてそう。
続けて、やり続けてナンボ。
筋トレ、ジョギング、読書、情報収集……。
一度でも止めてしまうと、ペースを取り戻すどころか、復活させるのが難しい。

正直「毎日更新」の看板を下ろしたくなるときは、しょっちゅうあります。
けれど宣言できず、なんとか思いとどまっています。
それを言った瞬間、自分がやらなくなる怠け者だと分かっているから。

よく「歯磨きのように、それをしないと気持ち悪いと思うくらい習慣化すればいいのだ」って言いますけどね。
3分で終わる歯磨きと30分はかかるブログを一緒にされてもね、とボヤきたくもなります。
結局は言い訳せず、チマチマでもやり続けるしかないんだよね。

毎日更新できるよう努めますので、いつもながら気長にお付き合いのほど。
いかにラクにモノにできるか、今も暗中模索の途上です、とほほ。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログはほぼ毎日更新1,700記事超(2021年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性