通っているバーのマスターと飲んだ話。

2ヶ月ほど前の話ですが、行きつけのBARのマスターと飲みました。
マスターのお店は休業中、もちろんBAR界隈は営業時間短縮か、自粛かといった時期です。
なので、「ちょっと行きませんか?」とお誘いして実現しました。

で、共通の知り合いが店長を務める店で落ち合い、そのままチマチマと飲む感じ。
マスターの奥さんもご一緒に、閉店近くまで2時間弱かな。

プライベートでご一緒するのは初めてで、カジュアルなカッコのマスターと合うのは変な気分。
特別な会話をするでもなく、近況を報告しあって、あとは静かに飲んで食べて。
ふだんカウンター越しではベラベラ喋るくせに、こちら側に隣同士で座ると、なんだか照れくさい。
幸か不幸か、今のご時世でなければ実現しなかったでしょうね。

励ましたい人がたくさんいるんですけど、そういう時間を作れても「励ます場が営っていない」皮肉。
や、励ますなんて言い方もおこがましい。
単に無沙汰が寂しい、もっと言うと「おれが励まされたいだけ」なんだよな、たぶん。

店がやってないし、だからといって花見ばりにアウトドアで……ってのも、どうにも違和感。
飲食店を十把一絡げにするのは、どうにもおかしい話なんですよ。

どうしたらいいんだろう。
おかしな話ばかりで、なんだか疲れます。
楽しみを奪われる側を比較すべくもないですが、提供するプロの経済や心労は如何ばかりか。

ルールを作る側に回らなければ、結局どうあがいても無意味。
できることといえば、これにNOを突きつけることくらいだけど、「怒りを忘れ過ぎ」な人が多いんじゃないか。
最近感情を抑えすぎな自分への戒めを込めて。

愛すべき外山恒一さんのツイートでも貼っておくか。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性