アードベッグ ビザーベキュー、グリルよりも出汁っぽさ。

アードベッグとグレンモーレンジの最高蒸留・製造責任者であるビル・ラムズデン博士曰く、「グリル料理と一緒に飲みたいアードベッグ」だそうです。個人的にはちょっと違うかな、と。

アードベッグ ビザーベキュー(ARDBEG BizarreBQ) 50.9%

  • 香り…クレオソートやアスファルトの入口。みたらし団子、消したばかりのチョークが残る黒板。最後にカプチーノ。
  • 味…カツオと昆布の合わせ出汁、大根の煮もの、魚醤。その後にチーズとチリトマトソースのポークソテー。焦げたアスパラガス。
  • 総評…バーベキュー? ちょっと違うが、過多なコンテンツは相変わらず。出だしのみタールっぽく、後はだし汁や甘醤油っぽさを感じる。

85点

@LEAP BAR

アードベッグ ビザーベキューをテイスティング

チャー(樽内部を強火で熱処理)を2回施したバーボン樽、PXシェリー樽、蒸留所独自にでチャーした樽の3種を組み合わせて熟成。これによってバーベキュー料理にマッチしたウイスキーになった、とのこと。

公式プレスリリースのテイスティングノートからは個人的にはかけ離れた感想で、バーベキューな肉っぽさを感じたかといえば、ノー。そんなエッジーな香味よりも、だし汁や魚醤を食むような感覚に襲われました。通俗的な感想ですみません。ほんと、ミーティとか肉々しさとか、つかめる持ち合わせがないw

飲んで愉しいことに変わりないのですが、すでに尋常でない市場価格上昇の情勢(いちばん安いところ↓で34,800円)。入手困難のほうが諦めがつくのにな。BARで見かけた際にはぜひどうぞ。

アードベッグ 2023 ビザールバーベキュー 50.9%700ml

価格:34,800円
(2023/8/13 17:10時点)
感想(0件)

この記事を書いた人