アフィリエイト広告を利用しています。

プランテーションラム オリジナルダーク:デザートになるお手ごろラム。

プランテーションラム オリジナル・ダーク

あまりコスパという言葉は使いたくないですが、こちらのラムは値段がすべてを補っているタイプです。
ボトラーってシングルモルトウイスキーな印象が先行しますが、ラムもあるんですよね。

プランテーションラム オリジナルダーク(Plantation Original Dark RUM) 40%

  • 香り…ポツンとかるめ焼き、コーヒーの出し殻、黒系のフルーツ、ブルーベリーデニッシュ。
  • 味…ミディアムボディ。もろに干しぶどう、パーシーのチョコレート、デーツ、プラム。すーっと浅く引いていく余韻。
  • 総評…甘さ優勢で意外にしっかり。黒系のドライフルーツを盛ったパイのような甘み。普段飲みのデザートとして機能しそう。

81点

@カドヤ黒門町スタンド

プランテーションラム オリジナルダークをテイスティング

仏フェラン社のダークラム。
エチケットにある通り、ジャマイカ&バルバドス産のラムを混和し、バーボン樽熟成で熟成。コニャック樽で追熟させているそう。
合わせるならレーズンのパウンドケーキ。ベイクドチーズケーキもいい感じになるでしょう。

飲み方

2000円前後のお値段のわりに、コックリとした深みがうれしい驚き。
個人的にストレートでは甘さがダイレクトゆえ、少し加水してほどよい。

あとはカクテルの主材料でしょうね。マイタイとか、冬ならホットバタードもいいんじゃない?
シンプルにラムリッキーで実際に飲んでみたところ、ドクターペッパーみが……と言ったら怒られるかな。

ボトルキープした酒ですので、いろいろ試してみます。

この記事を書いた人

hiroki「酒と共感の日々」

hiroki

Webの中の人|ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート|SMWS会員|訪問したBAR国内外合わせて200軒超|会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年)|ひとり歩き|健全な酒活|ブログは不定期更新2,000記事超(2022年11月現在)|ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性