バカルディエイト、極甘の8年熟成ラム。

アメリカンホワイトオーク樽で長期熟成(8年)したダークラムです。
ひじょうに甘いですが、イヤな甘さではない。
暑い季節、ソーダ割りで飲んでもOKです。

バカルディエイト(BACARDI eight) 40%

  • 香り…強めのフローラル、夏の海辺の砂浜を彷彿させる主張。蜂蜜で漬けたオレンジ。
  • 味…ひじょうに甘い。グレナデンシロップ漬けのパイナップル。後半になるにつれサラッと感が増す。
  • 総評…香り華やか、味は極甘。ストレート、ロック、ソーダ割りなど、飲み方を選ばないオールラウンダー。

82点

@カドヤ黒門町スタンド

バカルディエイトをテイスティング

コウモリのラベルが目を引きますね。
香りから最初に感じたのは、スペイサイド系モルトを連想する華やかさ。
ですが、液体を舐めると「そうだ、ラムを飲んでるんだった」と我に返る甘みが口中に。
モルトかサトウキビか、原材料の違いは大きいはずなのに、ウイスキーとラムって蒸留酒というカテゴリーをも超越する親和性があるように感じます。

バカルディの創業者ドン・ファクンド・バカルディが「家族のために考えたレシピを再現」と公式サイトに記されていますが、ラムらしからぬ長熟も、その要素でしょうか。
それはさておき、2000円台で買えるお手ごろ価格でこのクオリティなら、文句のつけようがありません。
今回のラムのキープボトルですので、いろいろな飲み方を試してみます。

この記事を書いた人

hiroki「酒と共感の日々」

hiroki

Webの中の人|ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート|SMWS会員|訪問したBAR国内外合わせて200軒超|会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年)|ひとり歩き|健全な酒活|ブログは不定期更新2,000記事超(2022年11月現在)|ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性