赤坂のモルトバーで教わった、シングルモルトの「春夏秋冬理論」。

なかなかお目にかかれないシングルモルトが壁一面にズラリ。東京・赤坂のモルトバー「ですぺら」で勉強してきました。

ですぺらの2代目店主・中村元昭さんは、「季節ごと」にマッチしたシングルモルトを見繕ってくれます。客がふだん飲んでいるもの、好み(味覚)、時間帯、シチュエーションなどを考慮して「どうでしょう?」というスタイル。しかも2〜3種以上、その順番まで、フルコースのように。いや、これって相当な知識と経験、プレゼン力がなければできないワザです。

「季節ごと」とは、たとえば、アイラのこの二つ。

キルホーマン

 

・キルホーマン シェリーカスク 59.5%
・キルホーマン 100%アイラ 50%

前者はフェノール値50ppmのヘビーピーテッドながら、「ドライフルーツでもあり、落ち葉のよう」(中村さん)だから秋から冬にかけて。で、フェノール値30ppmのライトリーピーテッドで、バーボンカスクの後者は「新鮮なフルーツ、洋梨のような果実」(同)ゆえに、温かい時期に。この研ぎ澄ませた感覚で、季節に応じた種類をレコメンドし、提案してくれるのです。季節を感じながらシングルモルトを愉しむ。なんたるステキな趣向でしょう。

中村さんのライナーノーツ、あるのならぜひ見てみたい。おそらくシラフで聴講しても相当面白いし、勉強になるでしょう。が、飲みながらのコミュニケーションのほうが断然アタマに入ってきますね。「体得する」ということかな。中村さんには知識もさることながら、その語彙と表現力に、なんというか、さりげない凄みを感じます。

この頁、続きます。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / 訪問したBAR国内外合わせて100店超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(現在は休止中) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活実践者 / ブログは原則毎日更新600記事超(2018年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性