アベラワーのセレクトカスク。シャープで飲みやすい、軽めのデザート酒。

アベラワー15年 セレクトカスクリザーブ

前頁の続き。2杯目。煙いほうか、端正なほうか。繋がりにちょっと迷って、スペイサイドの王道に行くことにしました。

アベラワー15y セレクトカスクリザーブ(ペルノ・リカール)

  • 香り…厚みがあるフルーツケーキ。シナモン。途中シャープになり、鼻をチクチクさせる。加水すると綿菓子。
  • 味…スィートなミディアムボディ。バター。熟したベリー系のフルーツ。加水してバニラアイスクリーム。
  • 総評…香りとは裏腹に極端に飲みやすく、ゆえにややバランスに欠ける。余韻は温かく、今の時期の花冷えする日にちょうどいい。
  • 次に飲むのは?…リンクウッド12yでフェードアウト。

@カドヤ黒門町スタンド

アベラワー15 セレクトカスクリザーブ

バーボン樽とシェリー樽をヴァッティングして寝かせたとのメモ。アベラワーはシェリー樽熟成で有名ですが、肝心のシェリーっぽさは今ひとつ分かりませんでした。過剰ともいえる香りとは裏腹に、意外なほど飲みやすい。これをスタンダードな食後酒にしたらゼータクだなぁ。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて100軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新750記事超(2019年2月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性