グレングラッサ トルファ、与しやすいピート。

グレングラッサ トルファ

米ブラウンフォーマン社傘下のスコッチウイスキーといえば、グレングラッサ、グレンドロナック、ベンリアックの3つのブランド(日本販売はアサヒビール)。
後者2つはBARのバックバーの定番ですが、ハイランドモルトのグレングラッサはあまり見かけません。

こんにちは、hirokiです。
先日、偶然グレングラッサに遭遇したので、いただいてみました。

グレングラッサ トルファ 50%

  • 香り…ツンとする主張あり。ピート、ヘザー、ヘーゼルナッツチョコレート。これらの背後に晩白柚。
  • 味…ライトボディで甘さ優勢。ガムシロップ、ハチミツ生姜、後半に焼き肉の肉汁っぽさ。
  • 総評…香りでピートの押し出しがあるものの、飲み口は柔らかい。フルーツやピートがそれぞれ重すぎず、カジュアルに楽しめる。

84点

グレングラッサ トルファをテイスティング

「グレングラッサ トルファ」はフェノール値30ppmのピート麦芽を使用。
1stフィルのバーボンバレルに、シェリー樽も多少加わっているそうです。
スコットランド随一のミネラル分の多い水を使用しているそうで、それがフルーツっぽいフレーバーをもたらすとか。

現在日本で展開されているグレングラッサのラインナップは、この「トルファ」のほか、「リバイバル」「エボリューション」(いずれも飲食店限定)。
ベンリアック、グレンドロナックのように広範囲に楽しめないですが。
「トルファ」の複雑な香味を経ると、思わず他の製品も飲み比べしたくなります。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性