エヴァンウィリアムス12年の旧ラベル、ロールケーキな。

エヴァンウィリアムス12年

真紅のエチケットラベルも映えるエヴァンウィリアムス12年の旧ラベル(1990年代流通)をいただきました。

エヴァンウィリアムス12年(EVAN WILLIAMS) 50%

  • 香り…マラスキーノチェリー、カステラ、クリーム、コーンスナック。
  • 味…しっとりと甘い。お酒の入ったパフェ、ロールケーキ、サバラン。
  • 総評…驚くほど飲みやすい。さくらんぼの乗ったケーキが押し寄せる。

88点

@日下部

エヴァンウィリアムス12年をテイスティング

「エヴァンウィリアムス赤」の通称で呼ばれている12年物の旧ラベルは、クリームのたっぷり入ったロールケーキのような感覚でした。

「度数が高くてもアルコールを感じないのは、良いウイスキー」とマスターが仰ってましたけど、ほんとその通り。
いつも思うんですけど、アルコール度数って、何なんでしょうね。
カスクストレングス=樽出しでも、たまにスルスルとした飲み心地のものがあります。
飲むにあたって数値は参考程度くらいでいいですよ。

エヴァンウィリアムスの製造はヘブンヒル社。
バーボンの祖、バーボンの父と称えられるエライジャ・クレイグ、エヴァン・ウィリアムスという人物名をそのまま銘柄にしたボトルを多数リリースしています。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性