初心者向けのタリスカー。本来のらしさを感じないけど、これはこれであり。

タリスカー ポートリー

「ポートリー」とは追熟させているポートワインから来てるのかと思いきや、タリスカー蒸溜所のあるスカイ島の港町に由来するとか。ダブルミーニングだったら、いい感じなのに。

タリスカー ポートリー 45.8%(ディアジオ)

  • 香り…エステリー。ホワイトペッパー。マスカット。後半にレモンパイ。
  • 味…ミディアムボディ。ショウガ、塩バニラ。だし昆布。
  • 総評…ひとことで「時化のないタリスカー」。穏やかな海岸を思わせる、春向けのシングルモルト。ストレートで。
  • 次に飲むのは?…奥にピート感があるオーバン14y。クラシックモルト繋がりでもあるし。

@カドヤ黒門町スタンド

タリスカー ポートリー

「スローボール的な変化球」というのが最初の感想です。タリスカーっぽいハードさは鳴りを潜め、スモーク感は余韻が残る程度に。こんなに優しい顔もあるんだねえ。バランスよく、きれいにまとまってます。タリスカー初心者に勧めたい。

この記事を書いた人

hiroki「酒と共感の日々」

hiroki

Webの中の人|ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート|SMWS会員|訪問したBAR国内外合わせて200軒超|会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年)|ひとり歩き|健全な酒活|ブログは不定期更新2,000記事超(2022年11月現在)|ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性