まるで“すっぴん”。武蔵屋オリジナルの「駒ヶ岳 シングルカスク」。

本坊酒造マルスウイスキーのシングルモルト「駒ヶ岳」、BARでフツーに見かけるようになりました。そのなかでも、こちらは東京のBAR専門にアイテムを扱う酒屋さん、武蔵屋によるオリジナルボトルです。

駒ヶ岳 シングルカスク 2014武蔵屋オリジナルボトル

香り…やや主張あり。板張りの床。きなこ&糖蜜、マーマレードジャム、割り箸と綿あめ。
味…ココナッツウォーター。ホワイトチョコレート。余韻は短め。
総評…「駒ヶ岳」の素を感じる。できれば樽詰めの年代ごとに比較したい。パンチもあってシェリー樽派も満足では?
次に飲むのは?…同じく期待感ワクワクの「秩父10年」。

@Kokage

武蔵屋オリジナル「駒ヶ岳」シングルカスク

度数58%の4年もの。シングルカスクのバーボン樽です。ねっとりではなくサラリとしています。「駒ヶ岳」はどちらかといえば温和で、幅広い飲み手に支持されそうですが。こちらはシングルカスクとしてあえてバランスを取っていない分、駒ヶ岳の素の一部分を垣間見る思いです。

もっとも、武蔵屋さんが樽を選定しているのですから、飲み手が「あれ?」というような結果のはずはなく……。このボトル1本で評価を断定するのは危険でしょうけど、ここ最近とこれからの「駒ヶ岳」を見る意味で、参考になるのではないでしょうか。ぼくはますますこれからを期待しちゃいますね。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

紙もウェブもやる編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて100軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活 / ブログは原則毎日更新750記事超(2019年2月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性