駒ヶ岳2019、懐かしいココアの味わい。

シングルモルト駒ヶ岳リミテッドエディション2019

本坊酒造マルス信州蒸留所の送り出すシングルモルト駒ヶ岳。その2019年限定リリースの1本をいただきました。

シングルモルト駒ヶ岳リミテッドエディション2019 48%

  • 香り…爽やか。ワックスのかかった洋梨、キウイ。
  • 味…ライトボディ。湯で溶いたココア、綿あめ、砂糖が多めにかかったドライみかん。後口はココアパウダー。
  • 総評…甘さ控えめながら、ミルクココアプリンのような味わい。チョコレートなどと一緒に。

@LEAP BAR

駒ヶ岳リミテッドエディション2019をテイスティング

シングルモルト駒ヶ岳リミテッドエディション2019は、主にバーボン樽熟成の原酒をヴァッティングさせた、2019年限定版です。

サントリーの山崎のエステル感、ニッカの余市のピート感と同様、駒ヶ岳も「らしさ」を感じるシングルモルトだと思います。
ジャパニーズウイスキーのシングルモルトで、定番の一角を成したといえるのではないでしょう

「フルーティ」な とはウイスキーのテイスティングで使われる形容ですが、駒ヶ岳らしさはフルーティな中に日本の果物のような特有の甘さと思うんです。

ただ、この駒ヶ岳2019は昔ながらのココアが特徴の大半を占め、おやっ!となりました。どこかノスタルジーを感じさせる後味が、クセになりそうです。
とはいえ残念ながら、本坊酒造のサイトでは売切れ。見つけた方、味わって飲んでみてください。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性