夜型人間とブログ。

日記でも仕事用の書類作成でも、あるいは小説書きでも……深夜に「書きもの」をすることって、あなたはありますか?
そう多くないですよね。
でも、ぼくはやっているんですよね、何を隠そうこのブログです。

こんにちは、hirokiです。
つい最近まで仕事終わりに書けていたのですが、最近ままならない感じです。

なぜでしょう。
結論から言うと「お酒が弱くなった」「ちょっと齢を取ってしまった」から、なんじゃないかなと。

以前なら酔っぱらって帰宅しても、ひと息ついてPCでそそくさと書けてたんですけどね。
捗らなくなって、眠さに負けて横になっちゃう。
酔いを堪えて書こうとすると、著しく時間がかかるうえ、酷い文章になってしまいます。
なんとか喋ろうとするものの支離滅裂、まさに酔っぱらいのお喋りのような感じ。

と言いつつ。
これを書いている今も傍にグラスを置きつつ、ウイスキー(中身は「タリスカー スカイ」)なんぞ飲んじゃってます。

ほんとうは移動時間や休憩中などのニッチタイムに書ければいいのでしょうけど、集中できないんですよね。
スマホ見たり、他のことしたり(自炊とか筋トレとか)という誘惑が多いから。
何かを言い訳にしてしまうわけです。

で、サボりグセがつくとどうなるかというと、「筋力」が落ちてくるんですよね。
サボって更新間隔が空けば空くほど、贅肉が付いてします。
これが定着してしまうと、サボりグセという贅肉がなかなか落とせない。
更新する筋力・体力が衰えてしまい、、元に戻りにくくなるわけです。

改善するには「とにかく書き続ける、やり続ける」より他はないのですが。
そのうえで、1日を気持ちよく過ごすべく、「ブログを朝に書く」ようにして生活スタイルを改める。
でも朝型へのチャレンジだけで挫折しそう。

では従来通り「夜の更新」となれば、その前に酒が立ち塞がります。
在宅ワークが加速したことで1日の終業後、ブログ更新が間に合っていない最近は特に、大好きな酒に「どうするの、飲みに行くの、ブログ書けてないのに?」みたいに詰められている感覚にとらわれます。
自分でも笑っちゃうのですが、

もう少し、楽できる方法はないかなぁ。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性