アベラワー アブーナ、「モルトは単体で飲むに限る」のお手本。

アベラワー アブーナ

近所のおなじみに、新しいシングルモルト「アベラワー アブーナ」をボトルキープしました。

こんにちは、hirokiです。
今日は現行のアベラワー アブーナ(アブナック)について、テイスティングメモを少し。

アベラワー アブーナ 59.2%

  • 香り…ブドウ、焼き秋刀魚のワタ、瞬間カスタードプリン、マスタード付きの肉のバターソテー。
  • 味… 透き通るような味わいと相反する深み。酸味優勢。すし店のガリ、メロンウォーター、キウイ。後半にアボカドからクリームに。
  • 総評…芳香よく、複雑怪奇。鍾乳洞を手探りで進んでいくかのようなミステリアスなモルト。

89点

@カドヤ黒門町スタンド

アベラワー アブーナをテイスティング

シングルカスクのカスクストレングス、スパニッシュオークのオロロソシェリー樽熟成というスペックだそうです。
エチケットラベルが最近一新されたらしく、とはいえ中身は間違いなし。
表向きノンエイジですが、いただいた感じは相当数の熟成年数を経たモルトと遜色ない出来栄え。
良い意味での雑味や猛々しさがあって、それもまた堪らないのです。

良質なフルボディって、こういうこと?
ウイスキーにおけるフルボディとは、すなわち「飲みやすいのに、柱がしっかりしている」ということか。
ちょっと結論を出せませんが、ゆっくり酔いながら考えたいと思います。

ちなみに個人的には、年数の浅いアベラワーは正直ピンとこないんですよね。
この「アブーナ」みたいに相応のお値段すれば美味いに決まってるわけで、こういうシングルモルトの廉価版こそ腕のみせどころなのでは……と生意気言いたくなります。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性