トバモリー。和菓子と合わせたい、甘いウイスキー。

ここ何日か家飲みばかり。外飲みしてもテイスティングまで行けずグダグダしてましたけど、ようやく落ち着いて飲みました。アイランズのこちらです。

トバモリー10y

  • 香り…あんみつ、杏。加水するとドライフルーツ。やや遅れて洋梨。後半にケーキシロップ。
  • 味…黒砂糖、べっこう飴、蜜、ざらめ。フィニッシュでやや塩気あり。加水すると軽くなり、若干の干草。
  • 総評…ピートは全く感じられず、ひたすら甘く深い味わい。餡子の入った和菓子と合わせても良さそう。
  • 次に飲むのは?…同じトバモリー蒸留所のレダイグと飲み比べたい。

@カドヤ黒門町スタンド

トバモリ―10年

スカイ島とジュラ島に挟まれたスコットランド西岸のマル島。そこに唯一あるのがトバモリー蒸溜所です。ノンピートのトバモリーともう一つ、ヘビリーピーテッド麦芽を使ったレダイグというシングルモルトを出してます。

トバモリー、飲みやすいながらディープさも秘めた面白みがありました。物によってはピーティなボトルもあるようですが、ぼくは感じなかったです。同じ銘柄で年数の異なるものや、やはりレダイグと飲み比べてみたいですね。

かりんとうのおつまみ

まったくの偶然だけど、お通しのおまけで、かりんとうをもらいました。和菓子と思った矢先だからなおさらビックリ。そしてこれがまた合うんです、というか邪魔しないツマミなのです、不思議と。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / 訪問したBAR国内外合わせて100店超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(現在は休止中) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活実践者 / ブログは原則毎日更新600記事超(2018年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性