グレンタレット シェリーエディション、麩っぽさと駄菓子感。

グレンタレット シェリーエディション

曰く言い難しというか、これといった特徴がありません。
がしかし、個人的にはどこかノスタルジーを感じさせるハイランドモルトでした。

グレンタレット シェリーエディション(The Glenturret Sherry Cask Edition)43%

  • 香り…麩菓子、麩(フスマ)、酢こんぶ、綿あめ、氷砂糖、後半にシェリー酒や陳皮。
  • 味…甘酸っぱみと生姜糖、黒砂糖。スニッカーズ、森永の小枝、グレナデンシロップ、マカダミアンナッツ、後口はドライ。
  • 総評…バニラやキャラメルというよりも、駄菓子屋さんに並べた菓子を買い食いしたような印象。焦点がボヤけた感もあるが、ほどよい甘さで飽きずに飲める。

82点

@カドヤ黒門町スタンド

グレンタレット シェリーエディションをテイスティング

正直言うと初回うまく拾えず、7日くらい置いて2回目のテイスティングをしました。
味覚音痴にもほどがあると思い、自分で自分のメモのウラを取った次第で。
結局2回目もファーストインプレッションのメモとそう変わらなかったです。

2回飲んだ感想としては、甘さコッテリとは逆でなぜか穀物っぽさ、ふすまっぽさを感じさせるものが。
ちょっと自分でも説明がつかないのです。
とらえ方は人それぞれですが、今回ばかりは他の人の感想を聞きたくなりました。

このラベルのグレンタレットは2020年のリリースで、ほかに10年、ピーテッドエディション(ノンエイジ)がありました。
「シェリーエディション」はスパニッシュオークのシーズニングカスク熟成と思われ、やはりノンエイジ。
いずれも60樽以下でのボトリングというスモールバッチだそうです。
もう少し熟成が進み、シェリー感が増し増しになったものも飲んでみたいな。

グレンタレットは、2018年にエドリントンからスイスのラリックが買収。
何度かリブランドを繰り返して、やたら高級感のあるデキャンタボトルに一新されました(下記公式サイト参照 ※英語)。
中身についてはマッカランに在籍していたボブ・ダルガーノさんが構築しているそうで、この流れですと「ハレの日」仕様で売って行くんでしょうか。

この記事を書いた人

hiroki「酒と共感の日々」

hiroki

Webの中の人|ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート|SMWS会員|訪問したBAR国内外合わせて200軒超|会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年)|ひとり歩き|健全な酒活|ブログは不定期更新2,000記事超(2022年11月現在)|ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性