デュワーズ ホワイトラベル。シーンを選ばないスコッチ。

デュワーズ ホワイトラベル

自宅飲みブレンデッドウイスキー更新。バカルディ社の看板役者デュワーズ、その代名詞ともいえるホワイトラベルです。近所のリカーマウンテンで1,180円(税抜1,098円)。今までなぜか自分用に買ったことがなかったんですよね。それはこの価格が微妙に影響しているのかもしれません。「とにかく安さ重視」なら税抜1,000円未満で買えるティーチャーズやホワイトホースに行くし、「美味しくて値段もそこそこ」ならジョニ黒など2,000円前後の製品を選びますから。

デュワーズ ホワイトラベル

  • 香り…控えめ。レモン、ホワイトチョコレート。後半にクローヴ。
  • 味…ライトボディで甘さ先行。クリーム入りのコーヒーゼリー、シュークリーム。ハチミツかけのバナナ&キウイ。
  • 総評…氷を入れるとポプリのような香りが弾ける。ハイボールだけとは言わずロックでも。

デュワーズのホワイトラベルは居酒屋さんをはじめ、いろんなお店でハイボール押ししているのを見かけます。確かに甘さとツンとくるスパイス感が絶妙で、ソーダと合わせるとその両取りが楽しめる爽やかドリンクになります。

が、このホワイトラベルは、そんな1杯目のドリンクしてだけでなく、食中酒としてもオッケーですね。日本酒を飲み飽きした後にスイッチするにはうってつけだし、日の高いうちから飲む先頭打者としてもナイスのオールラウンダー。甘さ先行ですが、後からショウガっぽさも追ってきて、それがどちらもケンカしない。ハイボールだけならず、氷を入れてシンプルにロックで飲んでも食事の邪魔になりません。

このホワイトラベルが禁酒法が解かれた後のアメリカで大ブレークし、デュワーズは現在の地位を築いたというのも納得です。氷を入れてよし、割ってよし、もちろんストレートでも。むむ、この流れで行くと次に買うのは、キーモルトのアバフェルディとなるのかな。

デュワーズ ホワイトラベルをテイスティング

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ライター / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて100軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新750記事超(2019年2月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性