傘は折りたたみ以外、持つことをやめる。

「秋の長雨」なんて言いますけど、暦で立冬を過ぎると、すぐに小雪(しょうせつ)です。
天気予報では初霜だ、北海道ではぼちぼち雪だなんて言われています。
なんだかんだで、いつでも傘は手放せないもんですね。

こんにちは、hirokiです。
今日はよく忘れる傘について、もう持ち歩くのを諦めたという、どうでもいい話を少し。

結論から言いますと、長傘を手で持ち歩くのはヤメにした、ということです。
結局どこかでなくしちゃうんです、ぼくの場合。
数ヶ月前、飲んだ帰りにどこかに置いてきた傘を探しているのですが、ちょっと再会は難しそうです。

ただでさえテレワーク、ただでさえ外出しても歩く時間はたかが知れている、ただでさえ飲めば記憶がなくなる。
ぼくのような人間は「傘を持ち歩くには向いてない」と最近ようやく気づきました。
先日大阪に行った際も、飲んだ帰り道に降られてしまい、コンビニで傘を買ったものの……。
結局、宿に放棄してきました。
翌日もう雨は止んでいたからね。

片手にバッグ、もう片手に傘、さらにもうひとつイレギュラーで荷物?
なぁんて、3つも手にを持って寄り道しようものなら、確実にどこかで一つを忘れる自信があります。
傘をどこかに置き忘れ、それに気づいて応急措置でビニール傘を買い、帰宅後は使わない。
無駄以外何者でもありません。

見た目のスマートな英国傘、持ってみたい気持ちはありますが。
どんなに体調不良でも「絶対に酒場に寄らない」という選択肢はないので、傘などは持つだけもったいないですね。
よく傘をなくすご同輩には、その善後策を教えてほしいものです。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性