同じ服を2着持つ。

ほんとうにおしゃれな人は、そこまですると思います。
マンネリとはまた違う意味で、これというスタイルをモノにしようぜという話です。

自分の気に入っている服や靴ほど「2枚持ち」したほうがいい。
2枚と言わず、すごく気に入っているならそれ以上。

気に入っているなら、着る回数も自然と多くなる。
少なくとも本人は自分に似合ってると思っているはず。
ファストファッションは例外で、意思をもって着ている服の場合です。
であれば、生地の傷みを減らす意味でも、複数枚買って「着まくる」のがいい。

服も靴も、あるいは食器や文具にしても。
気に入ればバンバン使いまくるべし。
服は着てナンボ、物は使ってナンボです。

ほら、「実際に履く用」「陳列・保管用」と分けて2足購入するスニーカーコレクター、いますよね。
それだって履く用として、実際に使っているわけです。

ヨレヨレの服やボロボロの靴を「味がある」と言えるのは、小説や映画の主人公の世界だけ。
かといって、毎シーズン服を買い増して、最先端や流行を追いすぎるのも疲れてしまう。
余裕があれば否定しませんが。

そこまで頓着しないのであれば、お気に入りをルーティンで使用・着用するでオッケーでしょ。
で、たまにアップデートするのです。
今までと同じような色・デザインだけど、さりげなくトレンドが反映されているもの、に。

え、あの人はいつも同じ服しか着てないって笑われる?
笑ってるやつの目が節穴なだけで、そんなのは捨て置いて、笑わせておけばいいのです。
分かる人にだけ分かればよろし。

むしろ一点豪華主義とか、ファッション誌でよくやってる「着まわし術」みたいなほうがイヤですね。
見た目よりも、行為そのものがダサいというか、みすぼらしい。
その人をひと目で表すスタイルこそ、ほんとうのおしゃれだと思うのです。

ま、かく言うぼくも、ファッションでベーシックをおしゃれに着こなすのは未だ憧れの域だし。
アンティークのマグカップは食器戸棚の肥やしを化してるし。
精進せねばなりません、とほほ。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性