隅田川を開くファスナーの船。

ファスナーの船

隅田川をジョギングしていると、たまに面白い船を見かけます。
東京湾に出る水上バスはたまさかありますが、それ以外に突出した小型船を見かけることが。
そのうちのひとつが「ファスナーの船」です。

最初、ぼくはホッチキスのメーカーが一風変わったプロモーションでも仕掛けているのかと思いました。
横から眺めると、そんな形に見えません?

Twitterに写真をポストしたら、相互フォローしている方から「鈴木康広さんの『ファスナーの船』」と教わって、初めて「正体」を知りました。

全長約9メートルで、繊維強化プラスチック製。
なるほど、船の航跡の波しぶきはファスナーを閉めているようにも見えます。

鈴木康広さんは「日常の中の物の見方を変えてみる楽しさを」と話していて、なるほど隅田川をボトムスに見立てれば、この小型船がそれを開くファスナーに見えてくるから不思議。

この動くアート、2021年10月30日〜2021年11月7日までと「展示期間」は限られています。
が、2018年から例年行われていますから、また来年もお目にかかれるかもしれません。

しゃれた取り組みだし、この着想がぼくもほしい。

この記事を書いた人

hiroki「酒と共感の日々」

hiroki

Webの中の人|ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート|SMWS会員|訪問したBAR国内外合わせて200軒超|会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年)|ひとり歩き|健全な酒活|ブログは不定期更新2,000記事超(2022年11月現在)|ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性