セブンカフェでボタン押し違えたら和んだ小話。

職場近くのセブンイレブンで、ときどきホットコーヒーを買うんだけど。
あの100円の、セブンカフェってやつね。

こないだ、いつものようにR(レギュラー)で頼んだカップで、うっかりL(ラージ)のほうのボタンをプッシュするボーンヘッド。

レギュラーのカップでラージのボタンを押すとどうなるかというと、表面張力で機械から注がれます。
プラスチックのフタを付けるときに、どうしたって溢れちゃう。

ちょうど外国の方のバイトさんが、隣にあるもうひとつのコーヒーマシンのメンテナンス中。
ボタンを押し間違えて

「あ゛ぁあ!! やっちゃったよ」

声にならない声で叫んじゃった。

そのバイトさんに「ごめん、ラージの料金払うわ。どうすればいいかな」と呆けているぼくに、
「あ、マチガエですから(代金は)いいですよ」とニコニコ。

「え、そうなの? ありがとう。たびたび来るから」

なーんてやり取りして、機械が注ぎ終わるや否や、彼は少しだけカップを傾けて排出口にコーヒーを流し、フタを付けてくれた。

や、優しいなぁ。
後でオーナーさんから怒られない……よね?
こういうなんてことないことが、うれしかったりするんですわ。

で、その数日後、また当該のセブンに行って、同じようにコーヒーのレギュラーを。
機械にカップを置いて出来上がりを待つ間に、バイトの彼が。

「おお、こないだはどうも!」
「今度はダイジョブですか?」

互いに大笑い。
どうやら彼には「コーヒーのサイズを間違える、そそっかしいヤツ」として、覚えられてしまったみたいで。
ま、いっか。

何が言いたいかというと、セブンカフェでコーヒーのサイズを間違っても、故意でなければ許されるかもしれんということ。
でもこれは例外的措置であり、本来払わなきゃいかんはずだった。
あぁ、ごめん……ってか、やっぱ次回払うわ。

反対にラージのカップでレギュラーを押してしまったら、差額が戻ってくるかって?
知らんがな……ってかさ、税込でレギュラー100円、ラージ150円だよ。
ただでさえ安価なんだから50円の差額くらいケチるなよって話で。

この記事を書いた人

hiroki「酒と共感の日々」

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログはほぼ毎日更新1,700記事超(2021年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性