フェイマスグラウス ネイキッドモルト、エドリントンのいいとこ取り。

ファイマスを構成するシングルモルトだけを集めた(グレーンなしの)ブレンデッドです。
それでいて税込4,300円くらいで買えるんですから。
この懐への優しさはうれしい。

フェイマスグラウス ネイキッドモルト(Naked Malt Blended Malt Scotch Whisky) 40%

  • 香り…チクッとする入口。ドライ。枝付きレーズン、シェリー酒、サンザシ、バタークッキー、カシューナッツ、ダークチョコレート。
  • 味…甘酸っぱく、濃い。甘さ控えめのラズベリージャムたっぷりのビクトリアスポンジケーキ、ナッツ、ややシナモン。後口はドライで余韻短い。
  • 総評…ベリー系のフルーツが山盛り。少量の加水でゆっくり飲みたい食後酒。スイーツと合わせても良い。

86点

フェイマスグラウス ネイキッドモルトをテイスティング

自宅飲み用として、近所の酒販店で購入(税抜3,980円)。
たとえが変ですが、このお得感は一流の噺家が続々出てくる寄席や、エース級の投手がショートリリーフで登板する場面を見ているようでもあります。
褒めすぎかな。

700mLボトルにはエチケットラベルの類はなく、樽と「Naked」の文字がエンボスされた瓶がインパクト大です。
終売になった「ネイキッドグラウス」の後継品となるブレンデッドモルト(ヴァッテッドモルト)で、中身のシングルモルトは非公開。
おそらくはフェイマスを所有するエドリントングループのモルト=ハイランドパークやマッカラン、グレンロセス、タムドゥー、グレンゴインあたりで形成されているのでしょう。

瓶の下部に「ファーストフィルのシェリーカスク」と書かれている通り、液体の色は濃く、香味もしっかり。
シェリー樽系のウイスキーを好む人なら飲んで損はないハズ。
もし好みが違っていても、お求めやすさに免じて許してください。

この記事を書いた人

hiroki「酒と共感の日々」

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログはほぼ毎日更新1,700記事超(2021年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性