キルホーマン サナイグ、素直なアイラ。

結論ラクなお酒です。
飾り気のないアイラモルトといった感。
個人的に、煙いのはこれくらいでちょうどいい。
これなら毎日ストレートで飲めます。

キルホーマン サナイグ(KILCHOMAN SANAIG) 46%

  • 香り…控えめ。ヨードチンキ、りんご飴、ガラナ、ドライアプリコット、菜の花の辛子和え。
  • 味…ライトボディ。昆布出汁、燻製卵、トマトチーズ、蜂蜜、後半にシナモンロールやスポンジケーキの様相。
  • 総評…デイリーで飲めるアイラのライトボディ。煙と穏やかさの中庸。

86点

@カドヤ黒門町スタンド

キルホーマン サナイグをテイスティング

シェリー樽熟成のキルホーマン、口開けでいただきました。
「サナイグ」とは蒸留所の北西にある入江の名称。
ヘビリーピーテッド(フェノール値50ppm)とのことですが、飲みやすく加水されているのでしょう。
ラフロイグ10年を少し穏やかにしたような印象です。
さほどコンテンツは多くないけど、この余計なものを足さない感じが良い。シンプルイズベストやね。

余談ながら、この後にキープしているグレンリベット ナデューラを飲んだら……甘々!
飲む順番って大事だけど、一概に言えません。
そのときの体調やメンタル、飲む時間帯、気候、場所もろもろ。

1回飲んだくらいで語れませんね(自戒)。

この記事を書いた人

hiroki「酒と共感の日々」

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログはほぼ毎日更新1,700記事超(2021年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性