ポール・ジョン飲み比べで、インディアン・シングルモルトの実力を垣間見る。

インド産のシングルモルトといえば、「アムルット」が出てきますが。もうひとつ、昨年2017年12月に国分グループ本社が「ポール・ジョン」というシングルモルト・ウイスキーを日本市場でリリースしました。その5アイテムに出くわしたので、予備知識なしにトライ。ハーフショットでテイスティングしてみました。

写真左から右に、ミディアムピートの『ボールド』、ライトピートの『エディテッド』、ノンピートの『ブリリアンス』。カスクストレングスでノンピートの『クラシック』、同じくミディアムピートの『ピーテッド』です。

インディアン・シングルモルト「ポール・ジョン」

ポール・ジョン ブリリアンス

  • 香り…ほのかで優しい。マンゴー、青リンゴ、シロップ、カルピス。
  • 味…ミディアムボディで非常にマイルド。トロピカルフルーツ、クリームが交互に。余韻は短い。

ポール・ジョン エディテッド

香り…穏やか&爽やか。かすかにスモーク。途中から実験中の理科室や化粧水のような匂いが立ち込める。
味…薄めた魚醤。中盤に麦様の甘さ。フィニッシュは和がらし。余韻は長い。

ポール・ジョン ボールド

  • 香り…ピートとスモークチップ。燻製卵。やや麦と若干のオーク樽。後半にナッツも。
  • 味…ミディアムボディで甘い。生姜。和がらし。余韻は短く、ややスパイシー。

以下2種類はアルコール度数55%台のカスクストレングス。

ポール・ジョン クラシック

  • 香り…やや主張あり。エレガントで厚みがある。パフューミー。硝煙とシロップ。後半はガラッと変わり発酵臭が。
  • 味…ミディアムボディ。ドライでスパイシー。レーズンバター、中盤に砂糖入りの麦茶。余韻は短い。

ポール・ジョン ピーテッド

  • 香り…麦わら。若干のピート。オーク。材木置き場。木工ボンド。
  • 味…アタックは瞬間強めだが、切れあがりは速く、甘い。コーヒーキャンディ。ドライイチジク。終盤はドライに。

@BAR官兵衛

製造元のジョン・ディスティラリーズ社は1992年に創業。2012年にリリースした『ポール・ジョン』は創業者の名に由来するとか。すでに欧米では売り出されていて、日本には満を持しての進出といったところでしょうか。

5アイテムとも、すべてバーボン樽を使用。ですが、産地ゆえの特性でしょうか、「サラッ」ではなく「ヌメッ」としたオイリーな印象。とはいえ、ブラインドテイスティングであれば、スペイサイド系の熟成の浅いシングルモルトか、アイリッシュと間違えそうです。

年8~10%という当地の高いエンジェルズシェアゆえ、加水が5~6年、カスクストレングスが6~7年と熟成年数は浅いです(スコッチは年率2%)。ゆえに芳醇さという点では物足りなさもあるかもしれませんが、5アイテムとも驚くほど温和な造り。香りも味もまずまずです。

実はこのポール・ジョン、スコッチやジャパニーズと異なり、原料に二条大麦ではなく六条大麦を使っているんです。ただしピートはスコットランドのアイラとアバディーンから取り寄せた2種類を単独または併用(比率は不明)しているとか。

ネイティブな個性を生かしつつ、古来のいいものと積極的に取り入れる。このニューワールドウイスキーならではのハイブリッド感、良いですね。ロットを重ねた今後のリリースに期待せずにいられません。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / 訪問したBAR国内外合わせて100店超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(現在は休止中) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活実践者 / ブログは原則毎日更新600記事超(2018年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性