ヘブンヒル6年、素朴な味わいなバーボン。

ベタベタではなく、甘さと苦みが整ったこなれたバーボンという感じでホッとしました。

ヘブンヒル6年(Heavenhill 6 Years Old) 45%

  • 香り…しっかり。りんごジャム、チェリーパイ、ホイップクリーム、コーンの入った菓子パン。
  • 味…甘みより酸味とやや苦みも。マラスキーノチェリー、ライ麦パン、焼きすぎたパンケーキ。
  • 総評…ライとコーンと蜂蜜の三者が入れ代わり立ち代わり。豪快に飲むのはもったいなく、ゆっくりで。

85点

@日下部

ヘブンヒル6年をテイスティング

90年代前半に出回っていたもので、瓶熟が進んだ感じ。
そのせいかミディアム寄りのライトボディでした。
パワフルさよりもなんだか素朴な味わいで、現在出ているものと飲み比べてみたいものです。

エライジャクレイグやエバンウィリアムズ、ヘンリーマッケンナといったバーボンのレジェンドを冠したブランドのほか、ホイートウイスキーのバーンハイム、ライウイスキーのリッテンハウスなどを出しているヘブンヒル社。
200超の銘柄を出しているそうで、やり手の家族経営といった企業です。

余談ながら、これをいただいた直後にウォッカベースのショートカクテル、バラライカを頼んだのですが。
その際に「せっかくだから」ということで、同社のウォッカで作ってくださいました。
うす甘〜い感じが肝臓にほどよく沁みて、良い心持ちに。
うん、今度はまたこれで作ってもらおう。

ヘブンヒルウォッカでバラライカ

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログはほぼ毎日更新1,700記事超(2021年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性