グレンモーレンジィ ウィンター、スイートのちドライ。

グレンモーレンジィ ウィンター

冬を表現した、とのことですが、もちろんオールシーズンOKなシングルモルトでした。

グレンモーレンジィ ウィンター(GLENMORANGIE A TALE OF WINTER) 46%

  • 香り…控えめ。蜂蜜、温室の花、ナツメグ、バルサミコ酢、グレープフルーツのマーマレード。
  • 味…ひじょうにマイルドでややオイリー。ナッツのキャラメリゼ、パイ生地、シナモンロール。
  • 総評…前作とは一転、甘さは残しつつドライに仕上げたモーレンジィ。ワイン樽ゆえの影響か複雑な香味。

86点

@Willow’s

グレンモーレンジィ ウィンターをテイスティング

2020年リリースのグレンモーレンジィ(グレンモーレンジ)「CAKE」に続く物語シリーズの第2作で、その名も「A TALE OF WINTER(=冬物語)」。
13年熟成でバーボン樽での熟成後に、シチリア産マルサラワイン樽でフィニッシュ。
マイルドな飲み口で、すげぇ甘いのだけど後口はそっけない(それもまたよろし)。
個人的には「CAKE」のほうが好みですが、このウィンターもケーキ感が負けず劣らず。

最近、カクテル押しのモーレンジですね。
シングルモルトを割材やカクテルの素材にという発想は、熱狂的なモルトマニアの不興を買い、長らくタブー視されていますが。
造り手が「カクテルの原材料に使ってね」と言ったのは大きい。
賛否両論あるだろうけど、さっすがモーレンジというか、進取の気性が大好きです。

今作のスペシャルサイトでも、ウィンターを使ったカクテルレシピがしっかり紹介されていて、おなじみビル・ラムズデン博士が自ら広告塔に。
しゃれっ気のあるリリース、いつも楽しみにしています。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログはほぼ毎日更新1,700記事超(2021年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性