アフィリエイト広告を利用しています。

ベンリネス8年飲み比べ。

ベンリネス8年を飲み比べ

ディアジオの花と動物シリーズ15年で知られるスペイサイドモルト、ベンリネス。
その8年、インデペンデントボトラーのバーボン樽とシェリー樽の飲み比べをさせていただきました。

ジェームズ・イーディー ベンリネス8年 2008(BENRINNES 2008 8y)46%

  • 香り….やや主張あり。バター、レモンミルク、どら焼き。
  • 味…ライトボディ。カステラ、バター飴、ホットケーキ。
  • 総評…軽重のバランスに富む。バターの風味が良い感じ。

87点

2008年蒸留1stフィルのバーボン樽のシングルカスクです。ネット酒販店では税込6,000円くらいで売られています。

ジェームズ・イーディー ベンリネス8年

ダークネス8年(Darkness 8y) 47.8%

  • 香り…やや主張あり。キャラメル、カスタードプリン、レーズンとシナモン、シェリー酒。
  • 味…ライトボディ。ローストビーフのソース、ビターチョコレート、枝付きレーズン、アーモンド。
  • 総評…生のシェリー酒がもろに出ている。が、押し付けがましさはなく、スルスル飲める。

88点

ダークネス8年

蒸留所名は非公開ですが、2.5回蒸溜で造られるスペイサイドモルトといえば、ベンリネスしかありません。
こちらの熟成はバーボン樽。辛口オロロソシェリー樽を組み替えたオクタブ(小樽)で後熟されたそう。

シェリー酒の特徴が前面ながら、この既視感はなんだろうと思考をぐるぐるさせ、店を出た後で「ローストビーフのソースっぽい」と、ひとり膝を打った次第。青果ではなく、あの肉にかかっている感じ、形容しがたい……。

さて、松本ではメインバーコートで3杯ほどいただいた後、伺った2軒目がどこもあいにく満席との建前。で、有名な松本のウイスキーバーへ。
ドアの貼り紙にならい、インターホンを押す。待つこと40秒ほど。ドアが開けられて、ひょっこりと顔を出した女性。

「初めてですか。どちらで知りました? facebookか何かで?」
「いえいえガロアの広告で」私にっこり。

どうかなーと思ったのですが、入れてもらえて今に至ります。
ご常連がほとんどで、そういう方のひとりがキープボトルを手ずから注いでいるのには驚き。これはマスターとお客さんの信頼関係が成り立っていないとできないでしょうね。今回も勉強になっちゃった。

@摩幌美

魔幌美(松本)

ダークネス8年 47.8度 700ml 正規輸入品 【箱入り】※箱の下部に凹み箇所がございます。

価格:6,490円
(2023/6/10 11:29時点)
感想(0件)

この記事を書いた人

hiroki「酒と共感の日々」

hiroki

Webの中の人|ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート|SMWS会員|訪問したBAR国内外合わせて200軒超|会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年)|ひとり歩き|健全な酒活|ブログは不定期更新2,000記事超(2022年11月現在)|ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性