アフィリエイト広告を利用しています。

コック・オブ・ザ・ウォーク、昔風で我が道を行くバーボン。

コック・オブ・ザ・ウォーク

最近のバーボンは洗練されてきて、マーケティングも考えられてきています。が、こちらはあえて古風を貫いているかのような無骨さがあります。バーボンって粗野な面が良さのひとつですから。

コック・オブ・ザ・ウォーク(COCK of the WALK) 40%

  • 香り…煮卵、リムーバー、バター、インスタントのレモンティー。
  • 味…オレンジフランベ、マカダミアナッツ、バタークリームケーキ。
  • 総評…バタ臭さと、いがらっぽさ。六花亭のレーズンバターサンドと合いそう。

80点

@カドヤ黒門町スタンド

コック・オブ・ザ・ウォークをテイスティング

まず名前がいいね。「コック・オブ・ザ・ウォーク」ってヒビキが、なんだか偉そうに歩くニワトリを想像できて可笑しい。調べてみたら”威張っている親分””お山の大将”いう意味だそうで、やっぱり笑っちゃった。

1990年代にウィレット蒸留所(旧KBD=ケンタッキー・バーボン・ディスティラーズ)がリリースしてきたバーボンです。本品はネルソン郡バーズタウンを本拠とするヘブンヒル社で蒸留された原酒を独自に構成して熟成させたもの。ライ、ホイートの2つのレシピを駆使し、「エライジャクレイグ」「エバンウィリアムズ」「ヘブンヒル」などの200超の銘柄を送り出している同社ならではの遊び。さながらブレンデッドバーボンってところでしょうか。

米禁酒法時代のウイスキー「チキンコック」へのオマージュとか。そういえば同社には「ファイティングコック」という、「ワイルドターキー」に対抗したバーボンもありますね。この「コック・オブ・ザ・ウォーク」には良い意味で泥くささを感じさせる何かに魅かれるものがあります。

ヘヴンヒル (ヘブンヒル) 正規品 40度 700ml

価格:1,380円
(2023/8/11 12:41時点)
感想(0件)

この記事を書いた人

hiroki「酒と共感の日々」

hiroki

Webの中の人|ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート|SMWS会員|訪問したBAR国内外合わせて200軒超|会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年)|ひとり歩き|健全な酒活|ブログは不定期更新2,000記事超(2022年11月現在)|ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性