ローズバンク。生産再開への期待と不安に思いを馳せる。

週末金曜日の駆けつけテイスティング。最初はマンハッタン、そのあとは気になっていた、伝説ともいわれるシングルモルトを口にしてみました。

シグナトリー ローズバンク 1990 16y

  • 香り…強め。訴えかけてくるような華やか。バラの植わったガーデン。レモンウォーター、芝生。
  • 味…酸味がやや強い。レモンウォーター、ややスパイシーでミョウガっぽさも。加水して黒胡椒。
  • 総評…これが3回蒸溜?と思うほど、華やかで主張があって個性的。
  • 次に飲むのは?…クライヌリッシュ14y。

@Bar Atrium Ginza

ローズバンク シグナトリー

ラベルの上部で主張があるように、3回蒸溜のローランドモルトです。ローランドといえばディアジオの誇るクラシックモルトの一つ、グレンキンチーが挙げられますが、このローズバンクもディアジオ(当時はUD社)の所有でした。

1993年にシャットダウンしてしまい、現在は稼働してません。が、このローズバンク、なんと再稼働の話が。ボトラーズのイアン・マクロード社がディアジオから権利を買い取り、2019年までに再稼働させるとのこと。サイトも立ち上がってますね。

ディアジオはカルト的人気を誇る北ハイランドのブローラ、アイラのポートエレンもリブートする話があります。本当ならすごいことですが、伝説となっているクオリティの完全再現まではどうでしょうか。

ブランド名ありきの今的なリプロダクトとしたら……。それはそれで否定しませんが、昔のファンは複雑な気持ちを抱くかもしれませんね。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / 訪問したBAR国内外合わせて100店超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(現在は休止中) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活実践者 / ブログは原則毎日更新600記事超(2018年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性