スペイサイド系にしちゃ煙い、そして甘辛い。ベンリアックの意外な側面。

前頁の続きです。同じ香りの流れですが、変化球な2杯目にしました。

ベンリアック ピーテッドクォーターカスク 46%(ベンリアック・ディスティラリー社)

  • 香り…燻煙。後を追うほどアルコールっぽくなる。ドライフルーツが回った後、再び燻した匂いに。
  • 味…酸味の強いアタック。追って辛子醤油、黒胡椒。加水後、甘さが前面に出るが、後口はやっぱり黒胡椒。
  • 総評…ベンリアック12yと比べ、こちらは甘さが鳴りを潜める。ストレートで、あるいはトゥワイスアップも面白い。
  • 次に飲むのは?…アードベッグ10y。飲みやすいアイラで。

@カドヤ黒門町スタンド

ベンリアック

ベンリアックといえば、甘口シェリーのペドロヒメネス×辛口シェリーのオロロソを交差させた、「シェリーカスク12y」のイメージ。スペイサイドのシングルモルトで、このまとわりつくような煙ったさを出しているのは意外です。が、ベンリアック蒸溜所では、ちょぴっとフロアモルティングを行い、全体の1割だけピーテッド麦芽で仕込んでいるとか。限定版とはいえ、こんな趣向のリリースは不思議ではなかったのですね。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / 訪問したBAR国内外合わせて100店超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(現在は休止中) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活実践者 / ブログは原則毎日更新600記事超(2018年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性