ベンネヴィス。フルーツが幾重にも押し寄せるシングルモルト。

ロッホローモンドの続き、自宅飲みシリーズです。最近なんだかんだで、自宅でもシングルモルトウイスキーを試してます。

ベンネヴィス10y

  • 香り…チェリー、こけももジャム、オランジェット。後からレモン、カリンなどシトラス系が押し寄せる。ややワクシー。麻布っぽさも。
  • 味…ミディアムボディでオイリー。マーマレードジャム、バタースカッチ。ハチミツ生姜のような余韻。
  • 総評…非常にレッグが長く、ジャムっぽいベタつき感や樽感、土っぽさも。
  • 次に飲むのは?…富士山麓シングルモルト17年

ベンネヴィス10y

前のロッホローモンドほどの泥臭さほどではないけど、野性味を帯びたシングルモルトです。

それでいて女性受けしそうなフルーツ感、ほんのり樽感もあります。想像ですが、ああ、昔からこのウイスキーはこうだったんだろうなぁという、頑固さ。良い意味での変化のなさを垣間見る思いです。

ベンネヴィスは4月の蒸溜所巡りでいちばん最初に訪ねた所です。ニッカの所有する蒸溜所とのことで、日本との意外な縁を感じました。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / 訪問したBAR国内外合わせて100店超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(現在は休止中) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活実践者 / ブログは原則毎日更新600記事超(2018年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性