アイラモルトの中でボウモアを敬遠しがちでしたが、これからはきちんと飲むことにします。

前頁の続きです。アイラ系は好きですが、ボウモアは例外というか、あんまり好みじゃないのです。スモーキーさも果実感も、どうにもピンボケで。どっちかに振り切ってくれないかなぁと勝手に思っていました。

で、なかなか機会を作らなかったのですが、アルマニャックの後にネタになるかなと久しぶりに飲んでみたら、これが良かった。

ボウモア15y ダーケスト(サントリー)

香り…ナッツ、シェリー酒。薪木。サクラチップ。後ろのほうにバター。
味…ヘーゼルナッツ。灰っぽい。その中にダークチョコレート。余韻は線香のようでもあり、燻製ハムのようでも。
総評…ほどよい飲み口なのに、多面的で面白い。食前酒として使うといいかも。
次に飲むのは?…間隔空けて(あるいは食後)ならグレンドロナック。続けてならベンリアック ピーテッドクォーターカスク

@カドヤ黒門町スタンド

ボウモア15 ダーケスト

アルマニャックの後、これは継投がズバリ。バーボン樽で12年寝かせた原酒をオロロソシェリーカスクで3年熟成させたもの。ほどよい濃さで、食後よりも案外アペリティフとしていいかもしれませんよ。

飲みながら、とんでもないプレミアムがついてる伝説の高級酒「ブラックボウモア」を夢想しちゃいました。いったいどんな感じなんだろう。いつか飲みたいです。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / 訪問したBAR国内外合わせて100店超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(現在は休止中) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活実践者 / ブログは原則毎日更新600記事超(2018年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性