アラン コート・ロティカスク、チョコとフルーツとスパイスの乱打戦。

アラン コート・ロティカスク

樽のバリエーション豊富なアランモルト。
現在は第2蒸留所ラッグもオープンし、シングルモルトの増産が勢いづくばかり。

1995年に蒸留所を操業開始させたファウンダー、ハロルド・カリーさん長年の夢だったとはいえ、現在の熱狂を誰が予想できたことか。
慧眼に感服するのみです。

そのアランの限定品のひとつを、ボトルキープさせてもらいました。

アラン コート・ロティカスク 50%

  • 香り…シトラス、レモンパイ、ソーダ水、クローブ、マシュマロ、いんげん、トップスのチョコレートケーキ。
  • 味….ライトボディ。最初は若干の苦み優勢。フェンネル、パインジュース、トップスのチョコレートケーキ。後半になるほど甘い。
  • 総評…ボディは軽やかだが、コンテンツ豊富。フルーツ、チョコレート、スパイスが入り混じり、いずれも強い主張。なぜか夏の味わいのするモルト。

85点

@カドヤ黒門町スタンド

アラン コート・ロティカスクをテイスティング

こちらはアランのワインカスクフィニッシュの2019年版です。
南仏の高級赤ワインであるコート・ロティ(cote-rotie)は、シラー種の赤ワインの代名詞的存在だそうで、この空樽で追熟が施されています。

フィニッシュにどれくらいの時間をかけているのか不明ですが、香味のコントラストが明瞭で驚くほど。
しかも、チョコレートやフルーツ、スパイスが現れては消えを繰り返し、飲み手を混乱させます。

とはいえボディ自体は軽く飲みやすいので、モルトなのにワイン的な華やかさを感じられるユニークな1本です。
ワイン樽の影響がダイレクトに出たと思しき甘苦、楽しめてます。

この記事を書いた人

hiroki

Webの中の人 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / SMWS会員 / 訪問したBAR国内外合わせて200軒超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(2018年) / ひとり歩き / 健全な酒活 / ブログは原則毎日更新1,000記事超(2020年1月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性