フレンチウイスキーって、どんな感じ? これは、まんまアイラへのオマージュでした。

昨夜の内省タイムのお供はこちら。どうしたって珍しいものには目移りします。

コルノグ オロロソシェリーカスク 46%

  • 香り…ピート。灯油。海藻。
  • 味…アタックはしょっぱい。が、甘さがパラレルで降ってくる。コショウ、後口はトウガラシ。
  • 総評…アイラ好き&スペイサイド好き、どちらのファンも「ほーっ」となるような対応力。なにか既視感があるけど、すれ違いざまにハッと振り返るような美人。
  • 次に飲むのは?…カリラ12y。ひたすら煙く。

@カドヤ黒門町スタンド

 

コルノグ

フランス・ブルターニュのグラン・アー・モー蒸溜所で造られたものです。ウイスキーにハマったジャン・ドネイというフランス人が、脱サラして蒸溜所を建てちゃった話。これは、そこで造られた辛口オロロソシェリーカスク×バーボンカスクのヴァッティングです。アイラ系ならではの武骨さに、果実っぽい隠し味をチラ見せした、おちゃめなシングルモルト。これがフランスのエスプリってやつですか。ニクいですね。

グラン・アー・モー蒸溜所は、2015年8月に閉鎖されてしまったとか。でも、それはネクストステージへの一歩。ドネイさん、今度は本場アイラ島に蒸溜所を稼動させるようです。こういう変人、ありだわ。素晴らしい。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / 訪問したBAR国内外合わせて100店超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(現在は休止中) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活実践者 / ブログは原則毎日更新600記事超(2018年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性