この1週間、体調が良かったのに元気がなかった理由。

風邪から喉をやられてしまい、なんと今年最長の8日間連続断酒をしていました。していたっていうか、せざる得なかった。しぶしぶです。

体調はいいんです。だから喉の痛みが治まれば問題ないはずだったのですが。痛みが消えたら今度は空咳や呼吸が少し苦しい。おまけに声はかすれっぱなし。これらが収まるのに抗生剤を飲んで、今日までかかりました。

断酒したからどうというわけではなく、喉をやられるのが怖いから、アルコールは避けざるを得ない。そうやってアルコールを断って良かったことは確かにありました。夜ふかししなかったこと、朝の寝覚めが若干よかったこと。だって帰宅したらすぐ寝るしかないんだから。

体調がいいのに趣味嗜好が欠けている。かえって始末が悪い。一番の楽しみを奪われると日常に艶気が全くなくなることに気づきました。

風邪のときくらいは、休肝日にしまいましょう。で、早く治しちまう。アルコール消毒なんて言って、こらえ性なく自己正当化して飲んでしまうと、ぼくのようになってしまいます。特に治りかけに注意です。

さて、久しぶりに飲むか。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / 訪問したBAR国内外合わせて100店超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(現在は休止中) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活実践者 / ブログは原則毎日更新600記事超(2018年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性