グレンファークラス10y。あまりの軽さにテイスティングメモを失念す。

自宅飲みシングルモルトを更新。グレンファークラス10年にしてみました。か、軽い。正直言って軽すぎる。あまりにスルスル行き過ぎて、テイスティングメモを付けずに飲んでしまいました。

昨年暮れの29日、午前1時50分のリカーマウンテン。閉店時刻間際、シングルモルトの棚の前でたたずむこと10分弱。鉄の女ことサッチャーが愛飲した「105」(アルコール度数60%)とどっちにしようか迷って、飲んだことのなかったファークラスの10年に。10年物は「105」の約半額の、3,000円台で買えちゃいました。

というわけで、年明け3日に開栓。ボディが軽く、非常に飲みやすい。グレンファークラス25年を最初に飲んだときの感動は、経験を積んで今やすっかり過去のものとなりました。その濃厚な美味しさにすっかり魅了されたものです。グレンファークラス17年物以降のリッチなイメージを引きずったまま、このジャスト10年物に当たったので、あまりの軽さに仰天してしまった。トーゼンじゃんって話ですよね。正直言ってもの足りず、もうちょい深みがほしいと思ってしまいました。

グレンファークラス10年

先生である「ですぺら」の中村店主には、自宅用の定番シングルモルトとしてグレンファークラス15年を勧められていたのでした。が、暮れのリカマンにはあいにく12年・15年・17年・21年・25年などなど、ファークラスの細かい年数ものは全部品切れ。が、今回の10年物は、15年物に行く前の良い試飲機会になりました。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / 訪問したBAR国内外合わせて100店超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(現在は休止中) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活実践者 / ブログは原則毎日更新600記事超(2018年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性