なんにせよリアルな手ざわりがほしい。

少しの時間をぬってCDからウォークマンに曲だの音声(講演や落語)だの、入れています。みんなイヤホンのワイヤの先は何なんでしょう、音楽を聴くときは最近みんなスマホで聴いている気がしますが、どうなんでしょう。i-Podの人もいるよね。ゲーム機の人もいるよね。

スマホ=iPhoneで音楽を聴く気があまりしなくて、なぜかというと、イヤホンジャックがないし、バッテリーの消費は早いし、好きな曲をストックできないし……と、自分のお気に入りを聴こうにも、意外に不便だからなんですよね。

イヤホンジャックは、あの白色の純正アダプタを使えば自分のイヤホンを繋げられますが、そのアダプタが嫌いなんですよね。デザインがダサいし、すぐに本体から外れてしまう。iPhoneのイメージをまるでマッチしない不格好さ。

iPhone、スマホに音楽プレイヤーの代用は務めらないと思いますね。大量のアルバムをストックする人間にはなおのこと。自分の好きな曲があまり配信されていないという事情もありますが。

スマホが通信の主流になり、CDから配信へとシフトしていったのが、皮肉にも人々の音楽離れを加速させた気がします。テレビ離れも同じですが、娯楽は他にもたくさんあるのだし。音楽の場合もあまりに手軽すぎてかえって聴かなくなったというところでしょうか。

音楽配信やKindleにそそられないのは、ジャケットやライナーノートを読む楽しみ、厚みを感じる楽しみがないから。
旧式の浪費家はやはりリアルのモノに執着します。いくら場所を取ろうと、世の中がシフトしようと、この考えは容易に変わらないでしょうね。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / 訪問したBAR国内外合わせて100店超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(現在は休止中) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活実践者 / ブログは原則毎日更新600記事超(2018年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性