断言していい。一人で仕事を抱え込むのは悪である。

自分の名前で仕事ができる人や、アーティストでもないかぎり、一人で仕事を完結させられる人は少ないでしょう。組織においてなら、なおさらです。

前任者から引き継いだトンデモ案件は、ようやく水平飛行に入ったところ。巡航速度を上げてさっさと定期運航したいと思うけど、どうも操縦席にはいろいろ邪魔が入ります(ま、好きでこの機を操縦しているわけではないけどね)。

勝手なマニュアルを作ってそれを既成事実化してしまう。そのマニュアルは普遍の法則と思い込み、後任に強要する。そればかりか部内に喧伝する。

実を言うと。この前任者とは相当モンダイのある人(以前書いた上司と同一人物)なんだけど、表向きは正常だから始末に負えない。

鳴り物入りで入社したものの、上層から締め上げられた末……。自己肯定感が低いばかりか、歪んだ思考の持ち主に変貌してしまった。するとどうなったか。彼は社内評価に価値を求めるのではなく、社外から高評価を得ることに血道を上げるようになったんです。それだけならば別にいいんですが……。

「顧客に感謝される仕事を」というスローガンを曲解し、本来顧客責任のところにまで自分が責任を持つように行動してしまっていた。これが顧客を最大限に甘やかす結果になります。

それが10年(!)も続いたのだから、担当が変わればそりゃ顧客はアレルギーを起こすわな。こちらからすれば正常運転しているだけなのに、向こうからすれば異常に映ってしまう。

これ、別に個人商店主が自ら望んでやっている分にはいいんですよ。本人が好きでやっているなら、「どうぞ勝手に客の奴隷にでも奉公人にでもなってください」で終わりだから。

でも組織でそれをやってはいけない。組織の価値観やルールを逸脱し、組織の中で自分フィロソフィーを暴走させるのは深刻な思考回路です。彼は10年もの間、一人でこれを続け、他の要因によって密室が開け放たれた瞬間に、その異常性が明らかになったわけです。そして代償は、後を受ける関係者が負わなければならない。

あなたが好きで奴隷になるのはけっこう。だが、善良な同僚や上司を巻き込むな。

これから気の長い顧客教育をしていかなければなりませんが。前任の彼の「闇の深さ」は相当なもの。やはり最小限の2人(バディ)でもいいからチームは組んだほうがいいでしょう。それだけでも仕事の透明性が向上するのは明らかだから。