大阪の地下鉄の駅デザイン改悪に反対する。

よく街頭で集めている署名には、賛同の是非に関係なく書いたためしがありません。が、友人がFacebookにUPした情報に仰天し、これはいかんと今回は賛同の署名をしました。「Change.org」というキャンペーン発信サイト(ネット署名収集サイト)で呼びかけていた「大阪メトロ: 歴史ある大阪の地下鉄を未来に残してください!」という活動です。

ほんとうに不思議なのですが、なんでも新しくすればいいというものじゃない。それを運営側のほうが理解していないんだから、どうしようもない。だからこうしたキャンペーンが起こされる。

もっとも、ありとあらゆる商品には期限があり、消費していればいつかはなくなる。食べ物飲み物はもちろん、建物、自動車、電気製品。技術的に永久的に持続可能なのものが作れたとしても、作り手はそんなことはしない。市場が成り立たなくなるからね。

だから業者さんに仕事を与え、潤わせる意味もあるんでしょう。ただね、地下鉄(電車)という公共性の高いサービスにおいて環境を変えようという場合、地元の人や利用者に一言あってもいいんじゃないかな。市民が足として利用し、潤った結果、この改悪案で予算を消化しようというなら、とても悲しい。

地震大国、災害大国という脆弱な国土ゆえ、ある程度のスクラップ&ビルドは仕方ない面もある。今回賛同した上記のそれは、そういう忖度をもってしても理解しがたい案件です。

ところでChange.orgさん。署名だけでなく支援(寄付)もしようと思ったんですが、金額入力画面が入力できないというエラーが出ましたよ。もったいないなぁ、こういうところで賛同者のチャンスを逃すなんて。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / 訪問したBAR国内外合わせて100店超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(現在は休止中) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活実践者 / ブログは原則毎日更新600記事超(2018年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性