ブッシュミルズのシングルモルト、定番にしたいくらい魅力的でした。

前夜に飲んだバルブレアから「次に飲むのは?」に挙げたもの。なんだか本当に飲みたくなって、いただいてきました。

ブッシュミルズ シングルモルト10y(ディアジオ)

  • 香り…麦わら、畳、ひたすら麦街道。ほのかに樽香も。
  • 味…ライトボディ。麦芽由来の甘み。後半にフルーツ感。
  • 総評…優しいだけではなく意外に個性的。ストレートが一番だが、意外にロックが行けるかも。
  • 次に飲むのは?…カリラ12y。超けむけむの個性派で振り幅を愉しむ。

@どれすでん

ブッシュミルズ シングルモルト

1杯目はスルスルッとロブロイ(ほんとはスコッチマンハッタン、パーフェクトマンハッタンという呼び名のほうが好き)。その後でバックバーにいたものから指名しました。

アイリッシュ、めったに飲まないです。3回蒸溜ゆえの際立つ軽さが好みでない、物足りないから。なのに、どういうわけか自分でブログに書いたし、座ったスツールの眼前のバックバーにいちゃうし。

で「たまにはいいかな」くらいの気持ちでしたが、これは素敵なシングルモルトでした。軽いだけではない複雑な香りと旨みがあって。あまり自分を出さない人が、個性的な一面をのぞかせる、そんな瞬間を想起しました。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / 訪問したBAR国内外合わせて100店超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(現在は休止中) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活実践者 / ブログは原則毎日更新600記事超(2018年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性