インデペンデント系の謎なボトラーズ、中身をいちお当てました。

前頁の続き。お値段ほどほどなやつで2杯目に行きました。

フィンラガン オリジナルピーティ

  • 香り…石けん。ヨード、ほのかにライムのような柑橘。
  • 味…ミディアムからライトボディ。入り口甘く、後口は塩味。
  • 総評…なんだか爽やかで、ピート感がむしろアクセントとして機能している。食中の口直しにもいけそうなフィーリング。
  • 次に飲むのは?…カリラ12yと飲み比べたい。

@カドヤ黒門町スタンド

フィンラガン オリジナルピーティ

いやあ、なかなか美味しいじゃん。ボトラーズを総じて「有象無象」と土屋守さんは仰ったけど、これはいい出来です。

フィンラガンはアイラ系の独立系ボトラーズだそうです。「フィンラガン オリジナルピーティ」で検索すると、カスクストレングスが多数ヒットしますが、ぼくがもらったのはノーマルな40%でした。フィンラガンについての知識が全然ないのですが、中身は明らかになっているようです。で、黒門のマスターKさん相手に、とっさにブラインドに挑戦。「アードベッグ」と答えてブブーッ。3択にハードルを下げてもらい、ラストチャンス。1.ラフロイグ 2.ラガヴーリン 3.カリラ。消去法で「3」を選択して、なんとか正解しました、かろうじて!

カドヤ黒門町スタンド

3択でないとはずしてたわ、でも気持ちいいね。ご褒美にチョコレートをいただきました。やったぜ。

この記事を書いた人

hiroki

hiroki

編集者 / ウイスキー文化研究所(JWRC)認定ウイスキーエキスパート / 訪問したBAR国内外合わせて100店超 / 会員制ドリンクアプリ「HIDEOUT CLUB」でBAR訪問記連載(現在は休止中) / ひとり歩き / 酔っぱらわない酒活実践者 / ブログは原則毎日更新600記事超(2018年10月現在)/ ストレングスファインダーTOP5:共感性・原点思考・慎重さ・調和性・公平性